【WHO】健康の定義を深掘りする【幸せになろう】

矢上真吾です。

今回は、痛み違和感で苦しむ人をゼロにするために、誰もが健康になるためにどうしたら良いかという概論を、お話していきたいと思います。

固いお話ですが非常に大事なお話になります。

今回は、

健康の定義の深い意味

というテーマでお話したいと思っています。

動画でもご覧になれます

同じ内容を動画でもご覧になれます。

動画で見たい方は下記リンクからご覧ください。

記事で読みたい方は下記から本文になりますのでこのまま読み進めて下さい!

健康の定義

健康の定義ですね、

僕、

すごい大好きなんです。

WHO世界保健機関という、

今すごく注目されている組織なんですが、

そこが健康を定義してるんですよ。

どんな定義かというと、

健康とは、肉体的にも(フィジカル)精神的にも(メンタル)そして社会的にも(ソーシャル)満たされた状態、をさしていて、単に病気でないとか、弱ってないとか、症状がないだけではないですよと。

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)」

https://japan-who.or.jp/about/who-what/identification-health/

よく皆が思う健康とは、

肉体的な要素のみを表す、

痛み違和感がないと健康だよと、

病気がないと健康だよと。

現在は、2人に1人は身体のどこかに痛みを抱えている、

と言われてるらしいです。

であるかから、

健康には肉体的要素、すごい大事ですよね。

次に精神的、

これも健康と結びつきやすいかなぁと思います。

最近精神疾患が増えてますよね

そう・うつそれだけじゃないし、

気分的に落ち込んでいるというのも関係してきます。

ここも満たされてるほうが良いよねっていうのは結び付くと思います。

次、社会的です。

ここも確かにとは思うかもしれないけど、

パッと言われて健康ってどんな状態って聞かれた時に、

社会的に満たされた状態っていう人は、少ないと思います。

イメージは、わきやすいですけど。

ここは、コロナの影響でしんどいところです。

これから失業者が増える可能性があります。

実は日本では、

失業者と自殺、相関関係にあります。

だからすごい影響している怖いところです。

社会性と精神的、

自殺をするような精神状況って、

かなり精神的に追い詰められている状態じゃないとしないじゃないですか。

なので影響する、

良くない例です。が、イメージはしやすいと思います。

他にも、社会的っていうと、コミュニティですね。

学校にいるよとか、好きなサークルがあるよ、スポーツクラブがあるよ、

といった社会的コミュニティがあるかどうかが、

健康のバロメーターになってくると言われています。

この3つが大事になります。

だから、

身体が痛くないだけじない、

心が元気なだけじない、

社会的に満たされているだけじゃない、

それにどれか一つ崩れると影響しあいます。

痛みがあると、

落ち込むじゃないですか、

そうすると仕事の生産性も落ちます。

で、気分的に落ち込んでいると痛みも出てくるという、

相互に影響を及ぼしてしまうんですね。

なので、この3つをしっかりと上げていきましょう!と言っております。

新たな解釈が入る可能性があった

今回、

これをもうちょっと深掘りします。

WHOは、

この3つの要素にプラス2つの要素を加えようとしてました。


1998年の第101回WHO執行理事会において、「spiritual(霊的)とdynamic(動的)」を加えた新しい健康の定義が検討されました。賛否両論があったのですが、第52回世界保健総会(WHO総会)の議案とすることが決定されました。そして、WHO総会で審議した結果、採択が見送られました。
 日本では、WHO執行理事会により総会に提案が決まった時点で、健康の定義の改正が規定事実のように大きく報道されたために、現在も誤解が続いている面があります。
 この提案をしたのはEMRO(東地中海地域事務局)です。アラビアのイブン・スィーナー(980-1037)の『医学典範』は、ギリシア・ローマに由来する医学理論を体系的に整理したもので、長くヨーロッパにおいても医学の教科書として使われました。そういうイスラム医学の伝統に則って、文化的宗教的な背景に基づいた健康観を提案したものと考えられます。
 今後も、WHO憲章の健康の定義を不変のものとして捉えるのではなく、時代や環境に即して変化するなかで、健康とは何かという真摯な議論を続けていく姿勢が求められています。

https://japan-who.or.jp/about/who-what/identification-health/

何年か前の理事会では、満場一致だったんですが、総会にあげなかったんですって。

理由としては、これがなくても大丈夫だからというらしいですが、僕はこの2つがすごい大事だなと思っているので紹介していきます。

霊的、スピリチュアルと 

活動的、ダイナミックです。

霊的(スピリチュアル)

スピリチュアルがなんで健康に?とイメージがわきづらいかもしれませんが、

日本ではわきづらいかもしれませんが、

海外ではイメージしやすいそうです。

あと宗教やられてる方もかもしれません。

このスピリチュアル、

とっても大事で、

先天的な病気も持たれてる方とか、

不治の病にかかってしまったりします。

例えば、

生活習慣病は、

普段の日常生活が良くないことをしていたからなってしまったんだとして、

これって自分のせいだと思えます。

日常生活を変えれば、治る可能性もあります。

普段の積み重ねの結果と言えます。

でも先天的にあるものとか、

突然不治の病にかかってしまい、

原因がわかりませんと言われたときには、

なんで?ってなりますよね、

僕の人生、なんでこんなになってしまったんだと思ってしまいがちですが、

そんな方達は救われないのかというと、すごく苦しいですよね、

そんななか霊的要素が健康に備わっていると、

救われるなと僕は思っています。

なぜかというと、スピリチュアルは魂と言い換えることができます。

魂はつながっていると言われています。

僕は前世があると思っていて、

前世で生きた魂が、

今世で僕に入ってきます。

で僕という身体が滅びても、

来世にまた魂がいくと言われています。

魂っていうのはずっと続いています。

前世でやってきたことが、

今に現れる、

今やっていることが来世に現れる、

と考えたらもしかしたら先天的な病にかかってしまわれた方は、

前世で何かやってきたのかもしれない、

なので今回は、

徳を積む時期なのかもしれないと言えるのかもしれません。

本人には言えないかもしれませんが。

そういうように考えると、

来世のためにも今をしっかり生きようと思えるかもしれません。

魂は永遠だと言われています。

心と身体は一代限り。

だから、

双子がいても性格が違います、

魂が違うから。

これは僕はすごい大事な要素だと思っていて、

あとでもう一度言います。

活動的(ダイナミック)

それにプラスしてダイナミック、

です。

これはまた深いです。

ダイナミックは、

活動的、動くと考えてほしいです。

つまり、

健康とは止まっているとならないです、

動いてないと健康ではないんです。

だから、運動しましょう、

っていうお話もしてるんですが。

常に動いているというのが大切なんです。

皆様に言うのが、

座っていることが良くないんです。

身体機能を落としてしまうのですごく良くないですよって言ってるんですが、

座ってる時とは、

止まってるんですね、

なので、良くないです、

立ってたり、動いている時のほうが良いです。

で、

このダイナミックというところで、

もう少し意味をつけたいなと思っていて、

進化、変化するという意味合いを加えたいと思います。

常に、より良くしていきたいという意思が必要、

ベクトルがあるんですね。

良い方向に向かっていくと。

この社会をより良くしていこうという意思をもって、

行動することが大切です。

健康には意志がある

実は、

普段の健康って意思があるんですね。

より良くなるためにやっていくんですが、

それは一人ではできないんです。

なぜなら、

ソーシャルという要素が絶対でてくるから。

社会的にといったら、一人ではありません。

周りのことを考えなくてはならない。

だから僕は青年会議所という活動をしているし、

地域を良くしていこうというのも、

健康に入るんです。

僕の中で健康の要素の一つに青年会議所の活動も入ってます。

そういったふうに人は一人では生きていけないし、

より良くしていくという意思をもってやっていかなきゃいけないし、

そのための活動の考えも思考もしていく必要があると思います。

そういったふうにより良くするという努力が大切だし、

たとえこの世の人生が辛くても、

命が尽きるその時までより良くいようとするのは誰でもできると思います

報われないかもしれない、

自分の思い描いていたようにはできないかもしれない、

けれど、

より良くいようとすることはできますよね。

それが来世につながるかもしれない。

このスピリチュアルの要素はすごい大事だと思いますので、

僕はこうやってご紹介しています。

注釈としては、

僕は宗教家ではございません。

親父が般若心経がすごい好きで、

家で唱えてはいます。

が、宗教には特にこだわってはいませんが、

大切な要素だと思っていて、好きです。

ぜひこの考えをもってほしいです。

まとめ

いかかだったでしょうか。

健康って深いですよね。

身体だけではない、

心も身体も。

そして社会的にも。

そして、霊的にも、

活動、進化するというのも意思をもってるんだよ、

それが健康なんだよということを皆様にお伝えしたいし、

そんな人を増やしていきたいと思っています。

痛み違和感で苦しむ人は、

どこかであきらめてしまっているんじゃないかと思っていて、

こういうお話をすることによって、

もしかしたら身体だけにとらわれないで、

心のどこかに苦しみがあったり、

社会的に問題を抱えていたり、

スピリチュアルの要素があったり、

聖書を買えとかそういうわけではないんですよ、

占い師に頼るとかそういうことでもないんですよ、

そういうのもあっても良いですけどね。

うちの奥さんは占い、大好きです!

(関係ないですね笑)

健康ってすごい大事ですし、

様々なことに関係してきます。

なので、大切にしてほしい考えです。

今日は、健康の定義の深い意味について、考えてみました。

今後もこういったお話を、

固くはなるんですが、

話していくことによって少しでも気づきになれば、と思います。

ぜひお付き合いください。

それではあなたも姿勢を変えて人生をかえましょう!

動画でもご覧になれます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。