話題の完全栄養食を試してみた【uFit完全栄養食】【PR】

今回の記事は案件になります(^▽^)/

ユーチューバーになると色々と案件が来るようになります。

良さそうなものは試していくスタイルを取っております。(正直ベースで紹介しますので試して微妙・・・となったらそのような反応になりますのでご容赦ください)

動画でもご覧になれます

同じ内容を動画でも配信していますので動画がよろしい方は下記リンクよりご覧ください。

というわけで今回は・・・

uFit完全栄養食

uFit完全栄養食

uFit完全栄養食 

ダイエット食品です。

実はこちらの商品を取り扱う会社の社長もユーチューバーなんです。

チャンネル登録者数が10万人もいらっしゃる有名な素晴らしい方で、

僕も良く見てチェックしていました。

その会社が作っている商品になります。

YouTubeチャンネルはこちら↓↓

私自身もダイエットを謳っていて、

大切なのは継続ですし、

運動と栄養はかなり重要な要素です。

なので、

こういった商品に頼るのはどうなのかなと思ってました。

担当の方が素晴らしい

ですが、

担当の方とメールでやりとりさせていただいて、

考え方がすごい共感できるなと思えたので

紹介しようと思いました。

uFit完全栄養食の特徴

uFit完全栄養食

特徴をご説明します。

私の考えというよりは

担当者の方から教えていただきました。

こだわりは2つあります。

1.『栄養バランス』

栄養訴求LP
  • タンパク質

ホエイプロテインとソイプロテイン

  • 脂質

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

これは 脂肪として蓄積されずらいそうです。

最近ダイエッターの方には良く使われていますね。

うちも使ったんですが、

味が苦手で使えませんでした。。。

  • 糖質

マルトデキストリン 早く吸収されますが、甘さは控えめということで量がしっかりとれます。

  • 食物繊維

イヌリン お通じの改善、消化促進効果があります。

  • 乳酸菌

この商品の”売り”として、

乳酸菌が100種類以上配合  善玉菌の増加をはかります。

腸活 

腸の働きが大切 

善玉菌と悪玉菌のバランスをよくし、

善玉菌を増加させる。

悪玉菌を0にしてはいけないことを知ってましたか。

0になってしまうと善玉菌が働けないとか。

抗生剤にも気をつけましょう。

2.味

uFit完全栄養食

おいしく飲みやすい抹茶味

ブランドコンセプト

『あなたの生活にフィットする』

になるので、

美味しくなくては生活にフィットしない、

ということで美味しさを追求したそうです。

3.摂取するタイミング

栄養訴求LP

どういう時に使ってほしいかというと・・・

  • 朝ごはんをとることがむずかしい時のエネルギー源
  • 昼休憩がとれない時のすばやい接種源
  • トレーニング時の栄養補給

※あくまでこれを飲んだら痩せる!と訴求する気はまったくないそうです。

社長のYouTube動画をみていただきたいのですが、

トレーニング動画ばかりなんですね。

ダイエットというものは、

永遠に続けるものなので、

これだけやっていれば良い、

というものでもないですし、

しっかりと栄養もとらなければなりません。

健康であることを前提に、

例えば ダイエットや運動に取り組む方が、

食べ物を食べなかったりすることがあります。

栄養を考えた食事を自炊することが苦痛である方にとって、

すばやく栄養がとれるための栄養補助製品としてご活用いただくことを想定しています。

この考え方が素晴らしいと思いました。

ただ痩せれば良い訳ではありません。

健康的になるというのは皆さん潜在的にあるわけです。

がりがりにやせ細りたいわけではありません。

精神的につらいときには感じるかもしれませんが、

良いことではありませんね。

若々しくなったり、

みずみずしくなったり、

美しくなったり、

かっこよくなったりするためには、

健康であるというのはずごく大事なことです。

健康でなかったら、

肌が悪くなったり、

顔色がよくなかったりしてしまいます。

健康であることの大事さを追求していうところに共感したので、

今回商品紹介させていただくことにしました。

実際に飲んでみた!

uFit完全栄養食

というわけで、

実際に飲んでみました!!

飲まないで紹介するのは難しいと思ったので、

2週間試してみました。

奥さんも飲んでみたんですが、

だいたい一か月で飲み切るぐらいですかね。

すりきり4杯を飲むんですが、

これから飲んでる様子とか動画でだしていきたいと思います。

初日の様子)

*動画は 6:15~から実食の様子になります。

私は朝食をこれに置き換えて、試してみたいと思います。

期間は2週間

いざ開封。

キレイな緑!!抹茶味ですね。

すりきり4杯と水300ml。

カップに入れてフタをしてシェイク。

実は、私は抹茶が苦手です・・・

飲んでみると・・・

飲める!!

この表現が良いかはわかりませんが、

私が飲めるということは、甘すぎではありません。

スッキリしてます。

心配していた抹茶味も無事飲めたので、2週間続けていくことができました。

2週間後、どのような変化があったのか・・・

実際に2週間飲んでみて

体調、体重、ウエストがどんな変化があったかをお伝えします。

その前に大前提として、

私は以前

『16時間断食』

というのをやっていました。

『空腹こそ最強のクスリ』という本があります。


オートファジーという、

中田敦彦さんもメンタリストDaiGoさんも紹介してました。

16時間食べない時間を作れば残りの8時間は何を食べても良いとのことでした。

実際に試したのですが、

1か月続けて、結果としておなかが膨れました。

おなかがすいて仕方がなかった。。。

2食になるのですが、

そのうち1食がごはん3杯くらいになってしまいました。

で1日6杯になっちゃって。

3食の時、3杯だったのが2食で6杯になってしまったのです。

本に紹介されてあるように、

チーズ、ナッツ類をとりましたがダメでした。

何事にも個人差がある

私は運動量が多いので、

合わないのかなと思い

1ヵ月やって

(もしかしたら次の月は慣れたかもしれませんが)

このまま続けてたら、見た目にもおなかポッコリだったので、

やめました。

その矢先のこの案件だったので、

ドキドキしました。

また失敗したら・・・

抹茶が得意ではない

もう一つ、大前提として、

私は抹茶味が苦手です。

ただ今回の商品はおいしさをを追求してる、

ということだったので、物は試し!

でやってみました。

結果)

before

体重67㎏ ウエスト 80,5㎝

(身長163㎝なんですが、あんまりみえないですかね。)

最初の1週間は、朝食を置き換えて飲んでみました。

1週間後どうだったかというと・・・

体重 67.1㎏   まぁそんなにかわらないなと。

ウエスト 81.5㎝ 1㎝増えたんです。

案の定おなかがすきました。

で、昼と夜いつもより食べてしまったんです。

やっぱり自分には合わないのかなと思ったんですが、

ちょっと変えてみよう!と思い立ちました。

朝起きた時、まだおなかがいっぱいな感じがしたんです。

なので、夜にしました。そしたら・・・!

2週間後)

体重 65.6㎏(-1.5kg) ウエスト 79㎝(-2cm)

私の場合、こうなりました!

私の生活スタイルをお伝えしておくと・・・

けっこう運動します。

毎朝朝トレ、

週2回 HIITトレーニングを提供しているので、自分でもやってます。

それ以外にも懸垂などもやっています。

毎日スロージョギングも20分。

運動量は普通の人より多いです。

なので、栄養もより多く必要になります。

1日を紹介します。

6時起床 

7時30分朝食 

13時~15時昼食(仕事の都合で幅があり) 

21~22時夕食 

23時就寝

7時間は睡眠確保します。

なので、夜が遅いです。

昼も遅いんですけど。

なので、

僕の生活スタイルだと朝食から昼食までがあいてしまうのと、

運動量が多いので、おなかがすいてしまいます。

そこで夕食にしてみたら、おなかすかなかったのです!

これでいける!と思いました。

僕の場合、これでOKになりました。

今も続けていますが、起床時の爽快感が変わりました。

今までが、夜遅くに食べ過ぎてたとくこともありますが。

これは仕事上仕方のないことなんです。

間食にナッツなどを食べたりするんですが。

そう考えると朝食も食べれるし、

大正解です。食べ過ぎない!です。

あと、お味がおいしかったです!

抹茶が苦手なんですが、甘すぎず(デザートみたいな甘さではない)

すごく飲みやすかったです。

なので、続けられる!

と思いました。

妻も試していましたが、おいしいと言ってましたし、

ウエストがかなり落ちました。成果がグンとアップしました。マイナス13㎝ですって!!

なので、担当の方に個人的に買います!と言いました。それぐらい継続して飲んでみようと思いました。体調も良くなりました。

ぜひ皆さんもお試しください。

『uFit完全栄養食』ダイエットを続けやすくしてくれる力強い味方の商品でした。

商品はこちらから購入ができます

uFit完全栄養食

動画はこちら↓

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。