中府(ちゅうふ)

要穴:肺募穴

由来:中府の中は三焦の中焦を指し、府は中焦の気が集まるところという意味。

部位:鎖骨外端の下方、烏口突起の内側にある雲門穴の直下約1寸。任脈(華蓋穴)から外6寸。

主治:咳、喘息、胸痛、胸部もだえいらつき、肩背部痛

筋肉:大胸筋、小胸筋

運動神経:胸筋神経

感覚神経:鎖骨上神経

血管:胸肩峰動脈(腋窩動脈の枝)

別名:膺中外兪『霊枢・五邪篇』、膺兪『素問・水熱穴論篇』、膺中兪『甲乙経』、肺募『千金要方』、府中兪『鍼灸大成』

中国鍼灸学概要、経絡経穴概論

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。