商陽(しょうよう)

要穴:井金穴

由来:「商」は五音のひとつで、五行では、肺経・大腸経ともに金に属し、肺経の少商が陰経なら、大腸経の商陽は陽経という意味。

部位:示指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分

主治:歯痛、咽喉部痛、顎腫、指のしびれ、熱性病、昏睡

感覚神経:正中神経浅枝

血管:第一背側中手動脈の枝

中国鍼灸学概要、経絡経穴概論

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。