侠白(きょうはく)

由来:五色で白は肺に属し、「侠」は「挟む」と同じ意味なので、両上肢が肺を挟むというところから名づけられた。

部位:上腕内側部にあり、腋窩横紋前端から尺沢穴に向かい下4寸(天府穴の下1寸、上腕二頭筋の筋溝

主治:喘息、胸部膨満感、上腕内側痛

筋肉:上腕二頭筋

運動神経:筋皮神経

感覚神経:内側上腕皮神経、外側上腕皮神経

中国鍼灸学概要、経絡経穴概論

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。