太淵(たいえん)

要穴:輸土穴、原穴、脈会

由来:肺経の原穴で脈はここで集まるところ。「太」非常に「淵」は深い意味。

部位:手関節前面横紋の橈側端の陥凹部、橈骨動脈拍動部

主治:喘息、咳、喀血、咽喉部痛、胸痛、心悸、前腕内側痛

筋肉:屈筋支帯

運動神経:橈骨神経

感覚神経:外側前腕皮神経

血管:橈骨動脈

中国鍼灸学概要、経絡経穴概論

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。