合谷(ごうこく)

要穴:原穴・四総穴

由来:「合」は二つのことが合わさること。筋と筋とが合わさったくぼみのところから由来

部位:第1・第2中手骨底間の陥凹部、第2中手骨より

主治:頭痛、目の腫脹痛、鼻血、歯痛、顔面腫、咽喉膨張痛、指の痙攣、上肢痛、口と目の歪み、熱性病、無汗、多汗、無月経、難産、赤痢

筋肉:第一背側骨間筋

運動神経:尺骨神経

感覚神経:橈骨神経浅枝

血管:第一背側中手動脈

別名:「虎口」=虎の両指が開くと虎の口に似ていることから。

中国鍼灸学概要、経絡経穴概論

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。