上廉(じょうれん)

由来:「廉」は菱形状のものの角とか辺縁の意味である。前腕外側の筋肉の盛り上がりの上に位置することから由来

部位:前腕後橈側にあり、曲池穴の下3寸、陽谿穴から曲池穴に向かい上7寸、長・短橈側手根伸筋の間

主治:肩腕の疼痛、上肢麻痺、手首のしびれ、腸鳴、腹痛

筋肉:長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋

運動神経:橈骨神経

感覚神経:外側前腕皮神経

血管:橈骨動脈

中国鍼灸学概要、経絡経穴概論

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。